スポンサードリンク

日射病について

日射病とは

日射病とは、頭部に強い直射日光を長く浴びたとき起こる病気です。
前駆症状として全身の倦怠感、吐き気、あくびなどの症状が現れ、やがて頭痛や意識障害などを起こします。
体温調節中枢の機能が低下して体温が急上昇し、時に40℃を越えることもあるとされています。
日射病は解りやすく言えば、強い日差しを浴びて歩き回ったときに体がオーバーヒートして起こるものです。
顔が赤くなって息遣いが荒く、皮膚は暑くてさらさらと乾いた状態になりますが汗は出ません。

日射病について

日射病の症状

炎天下で激しい運動や仕事などをした時に、大量に発汗して、身体の中の水分が不足する事で、心臓へ戻る血液量が減少し、心臓が空打ちをしてしまい、いわゆる脱水状態に近い症状となります。
目まいや頭痛、吐き気などの症状が出て、ひどいときは意識不明になり死亡することもあります。
病気といえばいずれの場合もそうですが、早期の発見及び対処が特に重要である事は言うまでもありません。
たかが日射病といえども、対処が遅れて重症になると、昏睡状態に陥る事もあるのです。

日射病について

日射病による頭痛

日射病による頭痛の原因は、脱水症状により水分が体外に出てしまう事で血液がドロドロになり、脳の血管を通りにくくなっているためであると言われています。
真夏の炎天下など、気温が体温よりも高くなると、熱を体外に放出する事が難しくなります。
結果、体温調節は発汗だけに頼るようになるのですが、汗が出れば出るほど体内の水分や塩分が不足していき、やがて底をついてしまいます。
すると今度は体温を維持しようと拡張していた血管が、心臓や脳を保護する為に収縮し始めます。
これら一連の流れによって身体が循環障害を起こし、日射病の症状である頭痛やめまい、吐き気をもよおすことになるのです。

日射病について

日射病の応急処置

日射病と思われる場合には患者を涼しい場所に速やかに移動し、身体を横にして足を高くします。
これは心臓への血流還流を高めるためです。
意識がある時は真水ではなく食塩水や薄めたスポーツドリンクなどを摂取させます。
また、一旦応急処置をした後に急変する可能性もあるので、体温変化や意識状態には十分注意しましょう。
低体温になっている場合には冷やさずに毛布などでくるんで暖める方がよい場合があります。

日射病について

日射病の対策

日射病対策としては、十分な水分の補給が重要になってきます。
日射病で倒れた場合の応急処置はすぐに涼しい木陰などに身体を移して、水分を補給する事です。
日射病を防ぐには、つばの大きい帽子を被り、その下にはタオルなどを入れ、後頭部と首に直射日光が当たらないようにするのがよいでしょう。
また、服装は通気性の良い衣服で黒色は避けた方がよさそうです。
黒色は光をどんどん吸収してしまいますから、炎天下での着用は危険なのです。
日傘を差すのもよいでしょう。
日陰を選んで歩くなどの配慮も必要です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。