日射病 - 日射病の症状とは > 日射病について > 日射病とは

スポンサードリンク

日射病について

日射病とは

日射病とは、頭部に強い直射日光を長く浴びたとき起こる病気です。
前駆症状として全身の倦怠感、吐き気、あくびなどの症状が現れ、やがて頭痛や意識障害などを起こします。
体温調節中枢の機能が低下して体温が急上昇し、時に40℃を越えることもあるとされています。
日射病は解りやすく言えば、強い日差しを浴びて歩き回ったときに体がオーバーヒートして起こるものです。
顔が赤くなって息遣いが荒く、皮膚は暑くてさらさらと乾いた状態になりますが汗は出ません。

<<日射病の症状 | 日射病 - 日射病の症状とはトップへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。